文字サイズ

びわ湖材を用いた製品のご紹介

びわ湖材を用いた製品のご紹介

びわ湖材を使うということ

びわ湖材を使うことは、琵琶湖とその水源である山を活かし守ることにつながります。

滋賀県の森林は、現在スギやヒノキの人工林を中心に、その多くが資源として充実し、利用可能な時期を迎えています。

木材は、再生が可能な森林からの豊かな恵みです。

植える、育てる、使う、そしてまた植える・・・という森林資源の循環利用を通じて、森の健康が持続的に保たれるとともに、そこで生み出された木材を地域で積極的に使うことで、私たちの暮らしをより豊かにすることができます。

びわ湖材とは

森林関係の法令に適合した伐採で、滋賀県内の森林から伐採された原木とその原木を滋賀県内や県内の認定加工事業体で加工した製材品等の木材です。

滋賀県の「びわ湖材産地証明制度要綱」に基づき、認定を受けた木材業者・製材業者(認定事業体)が、県産材を表示・分別管理しています。

認定事業体が発行する「びわ湖材証明書」により、滋賀県産木材であることを証明しています。


びわ湖材取扱認定事業体の皆様からびわ湖材の素材を活かした製品を応募いただき、とりまとめました。

お問い合わせ

琵琶湖環境部森林政策課県産材流通推進室
電話番号:077-528-3915
FAX番号:077-528-4886
メールアドレス:dj0003@pref.shiga.lg.jp