文字サイズ

滋賀県・湖南省友好提携35周年記念事業

友好提携について

1972年の日中国交正常化以来、両国における経済産業の交流が活発化する中で、地方公共団体の友好交流も進展しました。そのような背景のもと、滋賀県と湖南省は、琵琶湖と洞庭湖という湖を縁として1983年に友好関係を結び、2018年友好提携35周年を迎えました。

湖南省について

地理

長沙市を省都とする中国中南部の省で、大陸を横断する大河長江(揚子江)中流の南部を占めています。省内を南から北へと流れる湘江にちなみ”湘”という別称でも呼ばれます。東・西・南部の三方を山地に囲まれ、北部に広々とした洞庭湖がある山紫水明の地です。省はこの湖の南にあるので湖南と呼ばれています。(上海~長沙 約1,220km、広州~長沙 約78km)

湘江

人物

湖南省は、中国の近現代史上で果たした大きな役割でも知られています。毛沢東(中華人民共和国の初代主席、建国の父)や曽国藩(清末期の軍人、政治家)などの優れた人材を数多く輩出するなど、湖南省は中国の歴史に大きく貢献しました。

観光地(見所)

武陵源は、湖南省張家界市にあり、1992年よりユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。大ヒット映画”AVATAR(アバター)”の映画中に出てくる惑星パンドラに浮遊する石・ハレルヤマウンテンのモデルとなった場所です。

武陵源

岳麓書院は、中国四大書院の一つとされ、中国に現存する最も保存のよい古代書院です。千年学府とも呼ばれていて、1988年には全国重要文化財に指定されました。

岳麓書院

岳陽楼は、中国湖南省岳陽市にあり、高さ20.35メートルの三層の木造建築であり、すでに世渡りの格言となっている”先憂後楽”の句は、天下人や政治家の心がけとしても、後の世に永く語りつがれています。

岳陽楼

名物

”湘繍”は中国四大刺繍の一つで、江南の蘇州周辺の”蘇繍”、広東省の”広繍”、四川省の”蜀繍”と並ぶ非常に有名な刺繍です。湖南省の長沙を中心に発展した”湘繍”は二千余年もの歴史があり、獅子や虎の刺繍は絶品で、”蘇繍は猫、湘繍は虎”と呼ばれるほどです。

湘繍

35周年記念事業について

友好提携35周年を記念し、11月滋賀県知事をはじめ、各界交流団(約200名)が湖南省を訪問します。
また、7月中学高校生交流団(9名)が湖南省を訪問します。
あわせて、湖南省からも多くの交流団が滋賀県を訪れます。予定している交流事業は以下のとおりです。

  • 湖南省環境保護企業団来県(5月27日~29日 20名)
  • 湖南省農村水環境改善事業訪日研修 JICA事業(7月4日~21日 8名)
  • 湖南省華道文化交流団来県、いけばな交流(7月14日~18日 20名)
  • 湖南省友好都市代表団来県、びわ湖大花火大会観覧(8月6日~9日 20名)
  • 湖南省副省長代表団来県、農業視察(9月2日~3日 6名)
  • 湖南省商務庁企業代表団来県、ビジネス交流会開催(10月16日~18日 20名)

お問い合わせ

滋賀県総合企画部国際課
電話番号:077-528-3060
FAX番号:077-521-5030
メールアドレス:kokusai@pref.shiga.lg.jp