文字サイズ

平成26年度農商工連携スタートアップ研修について

農商工連携は、農林漁業者と中小企業者が連携し、それぞれの経営資源を有効に活用しながら新たな商品やサービス、生産等を行う取組です。
滋賀県では、滋賀県中小企業の活性化の推進に関する条例に基づき、中小企業の活性化を推進しています。その中で、農商工連携の促進に必要な場を提供し、新たな連携を生み出すことを目的として、農商工連携スタートアップ研修を、平成26年度は滋賀県中小企業団体中央会に委託して実施しました。

『農商工連携って、どうやるの?』~滋賀を「食と農」で元気にしよう!~の開催について

最近、よく耳にする「農商工連携」。しかし、何をどのように連携していけばいいのでしょうか。農業と商工業を連携させ、新たなビジネスモデル製品・商品を作り出すことができたらな…。
農商工連携の促進に必要な場として講義研修・現地視察研修・交流会の実施と個別相談の機会を提供し、新たな連携を生み出すことを目的として開催するものであり、新しいビジネスの可能性を直接体感できるチャンスです。

研修は全6回となり、下記の内容で開催しました。詳細については、チラシをご覧ください。

研修日程
開催 日時 場所 研修内容
第1回 11月25日(火曜日)14時30分~18時30分 コラボしが21(大津市打出浜) 1.「成功事例に学ぶ農商工連携のマッチング」中小機構近畿本部2.「滋賀県産小麦を100%使用した小麦粉・パン等の開発、販売」丸栄製パン(株)
第2回 12月4日(木曜日)14時00分~16時30分 株式会社ヤサカ本社(高島市今津町) 「船寿司由来の乳酸菌を利用した米粉発酵食品の開発・販売」(株)ヤサカ
第3回 12月16日(火曜日)15時00分~18時30分 コラボしが21(大津市打出浜) 1.「市場に受け入れられる新商品・新サービスの開発~マーケットインの視点から~」中小機構近畿本部2.「マーケティング戦略の立案」ジリツ・コンサルティング
第4回 2015年1月21日(水曜日)9時00分~18時00分 株式会社沖物産本社(兵庫県淡路市) 「淡路島産農産物を活用した加工食品及び各種食材の開発と販売」(株)五斗長営農、(株)ショーゼンファーム、沖物産(株)等
第5回 2015年2月4日(水曜日)15時00分~18時30分 株式会社木馬ひさご寿し(近江八幡市桜宮町) 「近江八幡伝統野菜北之庄菜を使用した調味惣菜等の開発販売」(株)木馬
第6回 2015年2月17日(火曜日)14時00分~17時00分 コラボしが21(大津市打出浜) 1.「農商工連携計画認定取得に向けての留意点」中小機構近畿本部2.「連携を支える金融機関の紹介」商工中金大津支店

申込み・お問い合わせ先

滋賀県中小企業団体中央会 (大津市打出浜2番1号)

担当:北川

電話:077-511-1430、FAX:077-525-5537E-mail:
E-mail:kitagawa@chuokai-shiga.or.jp

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部中小企業支援課 
電話番号:077-528-3733
FAX番号:077-528-4871
メールアドレス:fb00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。