文字サイズ

令和2年度文部科学大臣表彰創意工夫功労者賞受賞候補者の推薦について

創意工夫功労者賞は、工場等の職場で優れた創意工夫を行い、コストの削減や作業効率の向上に貢献された方々を対象に、文部科学大臣が毎年表彰を行っているものです。
優れた科学技術は、トップレベルの技術関係者のみによって達成されるものではなく、工場等の現場で実際に働く関係者の創意工夫に富んだ努力があってこそ、高水準の技術が生まれ育っていくものと考えられます。
本表彰は、こうした観点から、優れた創意工夫により職域における技術の改善向上に貢献された方々を表彰し、広く科学技術振興の重要性を国民に周知することを目的として、昭和35年に創設されました。
受賞者は科学技術週間(発明の日:4月18日を含む週)の行事の一環として文部科学大臣より表彰されます。
滋賀県では、文部科学省に推薦する同表彰の受賞候補者の募集を行っています。是非この機会に、職場の皆様の創意工夫をお寄せください。

対象

優れた創意工夫によって職域における科学技術の進歩または改良に寄与した個人またはグループ(3名以内)

〇創意工夫の内容については、候補者の職域における創意工夫によって、職域での技術等の改善向上に貢献した社内表彰等の受賞歴を有するなど実績顕著なもの。

〇鉱工、農林、水産運輸、通信、建設、保健衛生、電力ガス等の業務に従事する勤労者のうち、工場等における職長以下の工員。

〇農林水産業従事者、医療補助者、研究所における研究補助員、技能職員及びこれと同程度の方。

〇年齢制限については設けない。ただし、令和2年4月1日現在で同一会社に継続して5年以上勤務していることを要する。

〇候補者の学歴については、原則として高等学校卒業以下を対象とする。

〇異なった業績による場合であっても、5年以内における同一人物の重複した表彰は行わない。

〇詳しくは「令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰推薦事務要領(一部抜粋)」を参照

推薦方法

候補者推薦に必要な様式をダウンロードし、記入の上、下記締切までに当課まで郵送または持参してください。

推薦締切

令和元年7月26日(金曜日)必着

様式

※例年記入誤りが見受けられますので、記入上の注意を必ずご確認ください。

留意事項

〇候補者の年齢は、令和2年4月1日時点での年齢を記載してください。
〇業績名は23字以内とし、「〇〇の考案」、「〇〇の改良」、「〇〇の改善」のいずれかで結んでください。また、業績名には商標、商品名、会社名および句読点等を入れないでください。
〇創意工夫の内容について、改善前の問題点を明確にし、創意工夫(改善)を行うことになった経緯や背景を記入するようにしてください。写真、図解等を用いて、改善前と改善後のイメージが持ちやすいようにしてください。
〇創意工夫の実績について、改善前と比較し、改善後のコスト削減や時間短縮などの効果を、具体的な数値を用いて記入するようにしてください。
〇添付資料はA4サイズで作成し、「図1」「資料1」などの番号を付けてください 。
〇提出書類に含まれる個人情報は「滋賀県個人情報保護条例」に基づいて管理し、本表彰審査においてのみ利用、および文部科学省へ提供を行います。受賞者の氏名、年齢、所属、業績名は、公表されますのであらかじめご承知ください。
〇その他、「記入上の注意」をご確認のうえ、お間違えのないよう記入していただきますよう、お願いいたします。

関連 必要書類

・創意工夫功労者賞候補者調査書(様式創工1)

・創意工夫功労者賞候補者一覧表(様式滋賀1)

・候補者の戸籍抄本

※戸籍抄本は原則平成31年4月1日以降に発行されたものを提出すること。個人番号(マイナンバー)の記載のない住民票でも可。

令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰≪推薦事務要領の主な変更点≫

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部モノづくり振興課 
電話番号:077-528-3791
FAX番号:077-528-4876
メールアドレス:fd00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。