文字サイズ

甲西南部2地区

ほ場整備工事の竣工を契機に自然観察会を開催しました!

県営経営体育成基盤整備事業で実施している甲西南部2地区夏見工区(里屋敷地先)のほ場整備工事が今夏に完了しました。

室町時代の夏見城遺跡の近くで、里屋敷では湿地帯特有の植物や生きものを見ることができるので、ほ場整備工事の完了を記念して同工事で整備した農村公園周辺を中心に里屋敷の自然を観察し、自然相手の遊びを楽しもうと「世代をつなぐ農村まるごと保全向上対策」の取り組みの一つとして、78名の参加により自然観察会を9月13日(土曜日)に開催しました。

自然観察会受付
植生調査

ほ場整備の事業着手時から生物環境アドバイザーの助言をうけ、オオミズゴケ・クロミノニシゴリ・カスミサンショウウオなど貴重な動植物が確認されたのをうけて、施工の段階では地区境界付近の湿地環境を触らずに残したり、植物の移植などを行いながら、慎重にほ場整備工事を実施しました。

移植保存した貴重種のクロミノニシゴリ
ほ場整備区域外周の植生調査

「同じ夏見集落に住んでいるが、この周辺に来ることはなく大変参考になった。」と地元の方からも喜ばれました。


最後に、ほ場整備工事に先立って行われた文化財調査で発掘された「毛抜き」をふまえて夏見城遺跡の概要、続いて「田んぼ」や「用水」の役割について、野洲川を琵琶湖に見立てた「みずすまし」の出前学習を行いました。
前のページに戻る

お問い合わせ

甲賀農業農村振興事務所 田園振興課
電話番号:0748-63-6138
FAX番号:0748-63-6139
メールアドレス:gh30@pref.shiga.lg.jp