文字サイズ

滋賀県森林整備地域活動支援基金事業について

森林の有する多面的機能が十分に発揮されるよう適切な森林整備を推進するとともに、より効率的な林業生産活動を行っていくためには、小規模で分散している森林をとりまとめて一体的に施業を実施する「集約化」の取組が重要です。

森林整備地域活動支援交付金は、この「集約化」に必要な森林所有者や境界の明確化、間伐実施のための関係者の同意取り付けの経費等について、市町村と森林所有者等の協定に基づき支援する事業です。

支援の対象者

森林所有者、森林組合、林業事業体等(市町長と結ぶ協定に基づき、活動を行う者)

支援の内容

1.森林経営計画作成促進

  • 活動内容: 森林経営計画の作成に必要な、森林情報の収集・整理、説明会や戸別訪問を通じた計画参画
  • への合意取り付け等の活動
  • 対象森林: 森林経営計画が作成されていない森林
  • 交付条件: 交付金を交付した翌年度までに、森林経営計画を作成すること
  • 交付額(上限):

【共同計画等】森林経営計画の作成までの支援 8,000円/ha

【経営委託】森林経営計画の作成から、森林経営委託による計画期間内の施業を含めた合意形成までの支援 38,000円/ha

【不在村者の現地立会経費】共同計画等、経営委託の支援に加えて、不在村者の現地立会等に係る経費を支援 14,000円/ha(対象:不在村者の所有する森林面積)

【境界情報の確定】不在村者の現地立会等の取組と併せて行う、GPSを活用した境界確定を支援 17,000円/ha(対象:不在村者の所有する森林面積)

2.施業集約化の促進

  • 活動内容: 集約化して間伐を行うために必要な立木調査、路網の線形調査、説明会や戸別
  • 訪問を通じた施業への合意取り付け等の活動
  • 対象森林: 森林経営計画の作成されている森林、特定間伐等促進計画の対象とする森林のうち集約化
  • 実施計画の対象とする森林または森林共同施業団地対象民有林
  • 交付条件: 交付金を交付した翌年度までに、集約化間伐を実施すること
  • 交付額(上限): 30,000円/ha

3.森林境界の明確化

  • 活動内容:境界が不明瞭な森林で行う境界の確認および測量

※現地で隣接する森林の所有者との立会や必要に応じて測量等を実施し、所有界を明確にすることであり、地籍調査を行うものではありません。

  • 対象森林:森林法第5条第2項に規定する地域森林計画の対象とする森林
  • 交付条件:活動より得られた情報を整理・保存し、市町へ情報提供すること
  • 交付額(上限):

【森林境界の確認】森林境界の確認への支援 16,000円/ha

【森林境界の測量】森林境界の確認および測量への支援 45,000円/ha

【不在村者の現地立会経費】森林境界の確認、測量の支援に加えて、不在村者の現地立会等に係る経費を支援 13,000円/ha(対象:不在村者の所有する森林面積)

4.森林経営計画・施業集約化に向けた条件整備

  • 活動内容: 森林経営計画作成・施業集約化を進める上で必要となる既存路網の簡易な改良(木製の横断溝、土留め、洗い越し等、敷砂利等)
  • 対象森林: 上記1から3のいずれかの協定を締結した森林
  • 交付条件: 上記1から3を実施すること
  • 交付額(上限): 40,000円/ha

※交付額の負担割合(満額交付の場合): 国(基金) 2分の1、 県 4分の1、 市町 4分の1

交付額の算定方法

交付額の算出方法

交付金交付の主な流れ

交付金交付の主な流れ

基金の状況および交付実績

基金の状況

滋賀県では事業費の一部として、滋賀県森林整備地域活動支援基金条例により、基金を造成し、運用しています。

林業成長産業化総合対策の事業実施期間2期間の終期である令和9年度を基金の終期と見込み、過大な保有割合とならないよう、計画的な基金の執行に努めます。

  • 平成30年度末の基金残額 36,118,936円(国庫補助金等相当額100%)
  • 平成30年度末の保有割合=〔基金残高÷(国費分交付額の過去3か年の平均)×令和9年度までの残期間〕=0.55倍

これまでの交付実績

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部森林政策課 
電話番号:077-528-3914
FAX番号:077-528-4886
メールアドレス:dj00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。