文字サイズ

ビワマス

ビワマスは、サケ科の琵琶湖固有種で、10月下旬〜11月下旬にかけて河川で産卵します。ふ化した稚魚は、昆虫などを捕食しながらそこで成長し、6〜7月には体長7cmほどになって琵琶湖に下ります。成熟には2〜4年かかり、大きいものは60cmを越えます。琵琶湖では、アユ、スジエビなどを食べて大きくなります。

ビワマスは、春から夏にかけて沖合で刺網により漁獲されています。アユなどを食べて脂ののった魚体は、刺身や塩焼きなど格別なおいしさです。

漁獲量は、近年ほぼ20〜50トンの範囲で安定して推移しています(下図)。

ビワマスの増殖は、サケと同様に人工ふ化放流が100年以上にわたって実施されており、県ではこれらの事業を支援しています。

ビワマス

ビワマス漁獲量の推移

お問い合わせ

滋賀県農政水産部水産課 
電話番号:077-528-3870
FAX番号:077-528-4885
メールアドレス:gf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。