文字サイズ

セタシジミ

セタシジミ

セタシジミ(写真上)は、もともと琵琶湖水系にしか生息していない固有種です。

セタシジミは個体により雌の区別があり(河川などに生息するマシジミは雌雄同体です。)、体外受精を行います。主な生息場所は、底質が砂、砂礫、小礫、砂泥の水深10m以浅のところです。

昭和40年代ごろまでは、岸辺にもたくさんのセタシジミが生息していて、水遊びを楽しむ子供たちが足で貝をつかんで持ち帰り、晩ごはんのおかずにしていました。セタシジミを材料としたみそ汁、しぐれ煮、しじみ飯等は、家庭の味として古くから親しまれてきており、琵琶湖の特産品としても広く知られています。

セタシジミの漁獲量は、かつて、琵琶湖漁業全体の漁獲量の50%以上を占めており、特に重要な漁獲対象種でした。しかし、その漁獲量は、昭和32年の6,072トンをピークに減少を続け、昭和61年以降には300トンを割り込み、平成19年にはピーク時の約120分の1の52トンにまで減少しました(下図)。

県では、セタシジミの種苗生産放流技術を開発し、この技術を使った漁業者等によるセタシジミの稚貝の生産、漁場への放流、湖底の耕耘と水草の除去による放流漁場の環境改善活動を支援し、栽培技術の普及とセタシジミの増産に努めています。

また、限られたセタシジミ資源を効率的に将来にわたって漁獲するために、漁業者が話し合い、漁獲する貝の大きさを引き上げるなどの申し合わせを決める活動に対しても応援しています。

最近は琵琶湖の環境保全のシンボルとしてもセタシジミは位置付けられており、減少した資源の復活が強く望まれています。

セタシジミ漁獲量の推移

お問い合わせ

滋賀県農政水産部水産課
電話番号:077-528-3870
FAX番号:077-528-4885
メールアドレス:gf00@pref.shiga.lg.jp