文字サイズ

ふなずし作り方

湖国滋賀を代表する味覚、それが現在の寿しの源流とも言われる「なれずし」の一種である「ふなずし」ではないでしょうか。

ふなずしは、春先に漁獲されたニゴロブナを塩漬けにし、土用の頃に取り出し、塩抜きしてご飯につけ込んで乳酸発酵がすすんだ正月の頃に取り出し、ハレの日のご馳走とします。滋賀では昔から滋養強壮やお腹の薬代わりにも食べられ、手間ひまをかけて、独特の絶妙の旨味をもつものに加工していきます。
※ふなずしのつくり方は、作る人により様々な方法がありますが、ここでは一例として水産試験場のふなずし講習会で使用しているものを紹介します。

お問い合わせ

滋賀県農政水産部水産課 
電話番号:077-528-3873
FAX番号:077-528-4885
メールアドレス:gf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。