文字サイズ

外来魚駆除対策事業

《重要!!》水産課からのお願い

県内の河川で”第2のブラックバス”コクチバスを発見!!

平成21年6月26日に魚類調査中の滋賀県水産試験場職員が野洲川において産卵床保護中のコクチバスを発見し捕獲しました。
コクチバスは、平成7年以降、琵琶湖で6例、河川およびダム湖で7例の捕獲記録があります。平成19年6月には犬上川ダムで稚魚も確認されたことから、県内で初めて繁殖が確認されています。コクチバスは流水域や冷水域にも生息が可能なため、琵琶湖の魚類の他、河川上流域のアマゴやイワナ、中流域のアユなどの貴重な魚類への影響や、支流に入り込むなどして生息域が急激に広がることが心配されています。

コクチバス

水産課からのお願い

  • 外来魚の県内水域への移植(放流)は絶対にしないでください!

(滋賀県漁業調整規則で禁止されており、違反者は懲役や罰金といった処罰の対象になります)
ブルーギルやブラックバスは食べるとおいしい魚ですので、再放流しないで持ち帰り、食べてみてください。

  • 外来魚の密放流に関する情報をお寄せください!

お問い合わせ

滋賀県農政水産部水産課 漁政・金融担当
電話番号:077-528-3872
FAX番号:077-528-4885
メールアドレス:gf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。