文字サイズ

外来魚の釣れる場所教えます

外来魚(ブラックバス・ブルーギル)は、4月~8月にかけて琵琶湖の沿岸で産卵します。これらの外来魚は、オスが産卵床を守る性質があり、産卵場には多くの外来魚が集まってきます。産卵床を守る親を釣り上げると、その卵は他の魚やエビ等に食べられ、外来魚の繁殖が抑制できます。
滋賀県では、平成22~23年度にかけて、外来魚の産卵状況調査を行いました。その結果をお知らせしますので、外来魚駆除に役立てていただければ幸いです。

外来魚の産卵地点

詳細な地図をご覧になりたい場合は、下記の各地点をクリックしてください。

point
  • 外来魚の産卵期は4月~8月頃で、この時期に上記の地点で良く釣れます。
  • 釣り禁止や立ち入り禁止など地域ごとのルールを守って釣りを楽しんでください。
  • 滋賀県では、県の条例により、釣り上げた外来魚を再放流(リリース)することは禁止されています。
  • 釣れた外来魚は、食材として持ち帰るか、外来魚回収ボックス・いけすに入れてください。

お問い合わせ

滋賀県農政水産部水産課 
電話番号:077-528-3870
FAX番号:077-528-4885
メールアドレス:gf00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。