文字サイズ

琵琶湖への種苗放流事業

琵琶湖への種苗放流状況

大幅に低下した水産資源を早急に回復させるため、ニゴロブナについては、外来魚のいない沖合で生息する大型種苗の大量放流を進めています。ホンモロコについては、漁獲量が急激に減少し危機的な状況にあるため、緊急的に仔稚魚を大量に放流しています。アユについては、人工河川を運用し、放流した親魚を産卵させ、ふ化した大量の仔魚を琵琶湖へ流下させることにより資源の安定に努めています。

  • 平成21年度の放流実績
(表)
魚貝類の種類 放流時期 放流場所 放流量 大きさ 事業主体・関連団体等
アユ 9月〜10月 安曇川・姉川人工河川 46.8億尾 全長5mm 振興協会および県漁連
ニゴロブナ 6月〜7月 琵琶湖全域 1,217千尾 全長20mm 振興協会および県漁連
10,327千尾 全長25mm(水田育成種苗)
9月〜12月 1,327千尾 全長110mm
ホンモロコ 4月〜5月 大津市、近江八幡市地先 1.12億尾 全長5mm 振興協会
5月 草津市地先 2,548千尾 全長12mm
6月 1,002千尾 全長24mm
ビワマス 3月 県内主要河川 690千尾 体重2g 県漁連
コイ 5月 草津市地先 191千尾 全長7mm 振興協会
ウナギ 10月 琵琶湖全域 1,355kg 体重49g 県漁連
セタシジミ 6月〜7月 草津市地先 10.1億個 殻長約0.2mm(D型仔貝) 水産試験場(水産課事業)
ワタカ 3月 草津市地先 267千尾 全長51mm 振興協会
ゲンゴロウブナ 7月 彦根市地先 278千尾 全長20mm(水田育成種苗) 水産試験場研究

お問い合わせ

滋賀県農政水産部水産課 
電話番号:077-528-3870
FAX番号:077-528-4885
メールアドレス:gf00@pref.shiga.lg.jp