文字サイズ

CARAT滋賀・女性・元気プロジェクト

CARAT滋賀プロジェクトタイトル

CARAT滋賀・女性・元気プロジェクトに取り組む背景
CARAT滋賀・女性・元気プロジェクトの方向性
CARAT滋賀・女性・元気プロジェクト関連事業

CARAT滋賀・女性・元気プロジェクトに取り組む背景

滋賀県では、地域・経済の活性化に向けた女性の活躍推進に部局横断で重点的に展開するため、平成26年度から「CARAT(カラット)滋賀・女性・元気プロジェクト」として取組をスタートしました。なぜ、今、「女性の活躍推進」が求められているのでしょうか?まずは、女性の活躍推進を取り巻く滋賀県の現状をみてみましょう。

人口の将来推計では、滋賀県は2015年には人口のピークを迎え、減少に転じることが予測されています。人口の減少とあわせて、人口構成が大きく変化することに注目する必要があり、生産年齢人口は2010年から30年間で17万人(約2割の減少)となり、65歳以上は30年間で1.5倍に増えることが見込まれています。生産年齢人口の減少に伴い、経済力の低下や社会保障の担い手不足などが懸念されています。

CARAT人口減少

次に、女性の労働力率をみてみると、30歳代を中心に落ち込む、いわゆる「M字カーブ」を描いていますが、本県はこのM字カーブの谷が深くなってます。その落ち込み度合いは、平成22年の国勢調査では全国39位となっています。 一方、仕事をしていない女性の中で就業を希望する女性(青色の折れ線グラフ)は、30歳代を中心に高くなっており、多くの女性が再び働きたいと考えています。滋賀県の25歳~44歳の女性では、就業を希望する方は約3万5千人にのぼっており、労働力として大きな潜在力があるといえる状況となっています。

CARAT労働力

そして、滋賀県においては、女性の管理職の割合は年々増加しているものの、平成22年の国勢調査では11.7%と1割程度で、全国平均を下回り、全国43位の低さとなっています。女性社長の比率についても、平成23年の民間の調査によると、滋賀県は4.42%で全国45位(全国平均は5.94%)となっており、経済分野における女性リーダーが少ない状況となっています。

CARAT女性リーダー

また、女性活躍推進には、地域社会の活性化、様々なリスクの低減、男女の希望の実現などが期待されます。そのためには、埋もれている女性の力が発揮されることで、滋賀県の地域・経済の活性化につながり、さらに雇用や活躍の場が広がることで女性の活躍が加速されていくという「好循環」を実現できるよう、効果的な施策展開が求められます。

CARAT女性活躍意義
CARAT好循環

CARAT滋賀・女性・元気プロジェクトの方向性

こうした滋賀県における女性の活躍の場の拡大をめざし、女性のライフステージに応じた切れ目のないきめ細やかな支援を展開するため、男女共同参画推進本部において、女性の活躍推進の方向性を「働く場への参画拡大に向けた支援」、「意思決定過程への参画拡大に向けた支援」、「様々な場面での能力発揮に向けた支援」の3つの視点に重点化しました。また、これに加え、「隗より始めよ」として、県庁における女性職員の活躍推進にも取り組むこととしています。
これら全体を「CARAT(カラット)滋賀・女性・元気プロジェクト」として進めます。

※「CARAT (カラット)」は宝石の重さを表す単位ですが、ここでは、女性の活躍が滋賀の地域・経済の活力につながり、女性も滋賀も宝石のように輝くという意味を込めています。

CARATライフステージ
CARAT方向性

CARAT滋賀・女性・元気プロジェクト関連事業

お問い合わせ

滋賀県商工観光労働部女性活躍推進課
電話番号:077-528-3771
FAX番号:077-528-4807
メールアドレス:fg00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。