文字サイズ

県庁舎本館の国登録有形文化財への登録について

本館全景

平成26年12月19日、滋賀県庁舎本館が国登録有形文化財へ登録されました。
現在も現役の都道府県庁舎として使用されている建物での国登録有形文化財の登録は、全国で5例目となります。

国登録有形文化財

国登録有形文化財とは、建設後50年を経過したもののうち、国土の歴史的景観に寄与しているもの、造形の規範になっているもの、または、再現することが容易ではないもののいずれかに該当するもので、滋賀県庁舎本館は、造形の規範になっている建物として評価されました。

滋賀県庁舎本館

現在の県庁舎本館は、明治21年に建設された旧県庁舎本館を取壊し、昭和12年9月に工事着手し昭和14年5月に竣工した建物で、設計は府県庁舎を得意とし日比谷公会堂等を手掛けられた佐藤功一氏と建築装飾を得意とした國枝博氏、施工は株式会社大林組です。

本館は鉄筋コンクリート造4階建て、屋根は陸屋根で塔屋がついています。平面は中庭を囲むロ字型をなし、正面側のみ左右対称に建物が伸びており、重厚で堂々とした外観、内部は中央階段のテラコッタのデザインや知事室や議場などの内装に密度の高い意匠が採られ、県庁舎建築の傑作といわれています。 また、建設計画中に日中戦争が深刻化し鉄材の供給がひっ迫した中、鉄材をなんとか調達し、ようやく完成に漕ぎつけた戦前最後期の大建築でもあります。

国登録有形文化財を証する銘板は、正面玄関の柱に設置しています。
『県庁舎本館今昔写真館』では、県庁舎本館建設当時の写真等を紹介します。

111

お問い合わせ

滋賀県総務部総務課
電話番号:077-528-3113
FAX番号:077-528-4812
メールアドレス:ba00@pref.shiga.lg.jp