文字サイズ

eshinbun.gif

「二酸化炭素排出量の実質ゼロ」の取組へのご賛同者募集について

しがCO2ネットゼロ”ムーブメント

2050年までに滋賀県内の二酸化炭素排出量を実質ゼロにすることを目指して一緒に取組を開始しましょう!

趣旨

 近年、気温の上昇、大雨の頻度の増加など、気候変動およびその影響が全国各地で現れており、多くの犠牲者をもたらすとともに住民の生活、社会、経済および自然生態系に多大な被害を与えています。

 今後、地球温暖化の進行に伴い、猛暑や豪雨のリスクはさらに高まることが予測されることから、温室効果ガスの大幅削減を進めるとともに、起こりうる気候変動の影響に適切に対処していくことが重要です。

 2018年10月に発表されたIPCC1.5℃特別報告書では、パリ協定の目標である産業革命以降の世界の平均気温の上昇を2℃よりリスクの低い1.5℃未満に抑える必要性が指摘されました。このためには、人為的な二酸化炭素排出量を2050年前後に実質ゼロにする必要があります。

 本県においても、琵琶湖をはじめとする豊かな自然環境を守り、豪雨災害等に強い持続可能な社会を次世代に引き継ぐため、二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指して、県民、事業者、行政が一丸となって取組を開始しましょう。

ぜひ、「二酸化炭素排出量ゼロ」の取組へ、ご賛同をお願いします。

行動例

  1. 適正冷暖房の温度の設定・夏冬のエコスタイル
  2. 節電、節水の励行
  3. 緑化の推進
  4. 省エネ性能の高い機器や家電の選択
  5. エコドライブの励行
  6. プラスチックごみの削減
  7. 自動車利用の抑制
  8. 3Rの取組
  9. 地産地消の取組
  10. フードロスの削減
  11. 建物の断熱化の推進
  12. 再エネの導入やエネルギーの効率的な利用
  13. CO2排出係数の低い電力会社の選択
  14. その他滋賀県低炭素社会づくり推進計画に掲げる県民や事業者の取組例等

賛同のメリット

  1. 滋賀県ホームページで賛同いただいた方(個人・事業所等)を紹介
  2. 「“しがCO2ネットゼロ”ムーブメントポスター」等啓発資料の提供(事業所の方のみ)等

ご賛同方法

 ご賛同にあたっては、滋賀県ホームページ「しがネット受付サービス(https://s-kantan.jp/pref-shiga-u/)」よりご賛同していただくか、「“しがCO2ネットゼロ”ムーブメント賛同書」に所定事項を記入し、滋賀県 琵琶湖環境部 温暖化対策課へ郵送、FAX、持参またはメールにて提出してください。

 しがネット受付サービスからのご賛同はこちら

問い合わせ先

〒520-8577大津市京町4-1-1

滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課

電話番号:077-528-3494

FAX番号:077-528-4844

メールアドレス:ondan@pref.shiga.lg.jp

お問い合わせ

滋賀県琵琶湖環境部温暖化対策課
電話番号:077-528-3494
FAX番号:077-528-4844
メールアドレス:ondan@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。