文字サイズ

「近江の文化財」魅力発信事業・連続講座「近江の城郭~戦国近江と寺院」第1回信長と戦った湖東の名刹 百済寺

 

 百済寺は、聖徳太子開基と伝えられる天台宗の名刹で、湖東三山(百済寺・金剛輪寺・西明寺)の一つとして知られています。

 平安時代から室町時代にかけて活動が確認される百済寺ですが、文永10年(1273)から元亀4年(1573)の間に4度火災を受けています。この間、永正17年(1520)から大永元年(1521)にかけて六角氏の指導のもと、寺院の城塞化が進められたことが、「雑下行帳」に記された、「要害」「大手要害」の記述からうかがえます。

 元亀4年(1573) 4月、百済寺は六角氏に味方したとして、織田信長により焼き討ちを受けます。来日していた宣教師ルイス・フロイスが「地上の天国をなせる坊主の住屋千戸あり」と記した百済寺の堂舎は悉く焼き払われましたが、近世にはいると、徳川幕府や井伊家の支援を受けて復興を遂げていき、その後現在にいたるまで法灯を守り続けています。

旧本堂を中心に、放射状にのびる参道と、その両側に坊が対称的に配置されるという中世百済寺の遺構は、今でも石垣や石段が残されており、平成20年に史跡に指定されています。

 今回の講座では、この史跡百済寺境内を文化財専門職員の案内で探訪します。

1.日時:令和3年1月24日(日)13:15~14:45

百済寺駐車場集合・解散

※湖国バス角能線市ヶ原行き百済寺本町バス停下車徒歩15分

JR能登川駅12:07発、百済寺本町バス停12:42着

2.場所:史跡百済寺境内(東近江市百済寺町)

3.行程:百済寺駐車場→旧参道→仁王門→百済寺駐車場

4.主催:滋賀県

5.協力:百済寺・東近江市

6.講師:東近江市文化スポーツ部歴史文化振興課専門職員

7.定員:60名(事前申込制・先着順)

8.参加費:550円(百済寺拝観料)

9.参加申込方法

  1. FAX・電話・メールに住所・氏名(ふりがな)・連絡先(携帯電話推奨)を書いて、下記まで申し込み。
  2. 申し込み締め切り:令和3年1月21日(木)午後5時

10.持ち物:健康保険証(コピー可)・雨具・水筒・手袋・タオル・山歩きに適した服装と靴

11.その他

  1. 体調不良の場合は参加をお控え願います。
  2. 当日は、マスク着用でご参加ください。
  3. 単独会のみの参加も可能です。
  4. 新型コロナウィルス感染症の感染状況によっては中止する場合があります。その場合は、22日(金)午後5時までに参加者に連絡します。
  5. 当日の気象条件等の変化により、コース・終了時間等を変更する場合があります。
  6. 悪天候等による中止の場合は、22日(金)午後5時までに参加者に連絡します。

12.参加申込・問い合わせ

  • 滋賀県文化スポーツ部文化財保護課安土城・城郭調査係
    • 〒520-8577滋賀焉大津市京町四丁目1番1号
    • TEL077-528-4678/FAX077-528-4956/E-mail:castle@pref.shiga.lg.jp

13.今後の予定

  • 第2回「謎の宗教都市 敏満寺」
    • 開催日:令和3年2月14日(日)
  • 第3階「湖南の自治都市 金森寺内町」
    • 開催日:令和3年3月21日(日)
  • 第2回・第3回の参加申込は、それぞれ開催日の約1ヶ月前に詳細を公開し、受付を開始します。
お問い合わせ
文化スポーツ部 文化財保護課 安土城・城郭調査係
電話番号:077-528-4678
FAX番号:077-528-4956
メールアドレス:castle@pref.shiga.lg.jp