文字サイズ

労働争議の調整

労働組合と使用者との間に労働争議が起こり、当事者間での解決が困難なとき、労働委員会が解決のお手伝いをします。

調整の方法には、「あっせん」「調停」「仲裁」の3つがあります。

「あっせん」は、3つの調整方法のうち最も利用しやすいものであり、労働者側、使用者側、どちらからでも申請することができます。

1.あっせん、調停、仲裁とは

(表)
開 始 要件 委 員 構 成 内 容
あっせん (1)労使双方の申請(2)労使いずれか一方の申請(3)労働委員会の職権 ( あっせん員 )・公益委員 ・労働者委員 ・使用者委員/原則として各1名 労使双方の妥協点を見出し、争議が解決するよう努めます。あっせん案を示すこともあります。
調停 (1)労使双方の申請(2)労使いずれか一方の申請があり、労働協約に定めがある場合 または 公益事業の場合 (3)労働委員会の職権 (4)知事の請求 ( 調停委員会 ) ・公益委員 ・労働者委員 ・使用者委員/労使同数の三者構成 調停案を提示して、当事者に受諾を勧告します。
仲裁 (1)労使双方の申請 (2)労使いずれか一方の申請 ・労働協約に定めがある場合 (仲裁委員会) 公益委員3名で構成/労使委員は意見を述べることができます。 仲裁裁定を行います。当事者は、この裁定に従わなければなず、その効力は、労働協約と同じものです。

2.あっせん手続きの流れ

  • 申請
    あっせんを求める労働組合または使用者が、あっせん申請を行います。
  • あっせん員の指名
    あっせん員候補者の中からあっせん員が指名されます。
  • 調査
    事務局が、労使双方から紛争の実情を聴取します。
  • あっせん
    通常は、(1)三者のあっせん員が双方の事情聴取をおこない、(2)組合側には労働者側、使用者側には使用者側のあっせん員が個別に妥協点の打診、説得をおこない、(3)結果を持ち寄ってあっせん員が解決方法を協議します。
  • あっせんの終了
    解決の見込みがある場合は、 あっせん員が打診、説得を繰り返して歩み寄りに努め、解決案(あっせん案)を示したり、意見を示して解決を図ります。 労使当事者の意見が一致しない場合は、不調・打ち切りに終わる場合もあります。

3.あっせん申請をするには

労働委員会事務局に、あっせん申請書を提出(郵送または持参)してください。

メールやファクシミリによる申立ては受け付けておりません。

申請書の様式はこちら

お問い合わせ
滋賀県労働委員会事務局
電話番号:077-528-4472
FAX番号:077-528-4972
メールアドレス:le00@pref.shiga.lg.jp